Shogo's Blog

たぶんプログラミングとかについて書いていくブログ

GitHubにブログを設置してみたよ

TLにGitHubでブログのホスティングしている人がいたので、 「githubとjekyllとoctopressで作る簡単でモダンなブログ」 を参考に作ってみましたよ。

RVM のインストール

自分の環境には Ruby 1.9.2.2 が入っているんだけど、Ocropressでは Ruby 1.9.2 が必要らしい。 そのままでもいけるかと思ったけど、怒られた。 rake コマンドを全部 bundle exec rake に置き換えると一応実行はできるけど、なんだか警告がでる。

こういう時は複数のバージョンの Ruby を切り替えて管理できる、 rvm というのを使うといいらしい。 公式サイトの「Installing RVM」通りにコマンドを打てばOK。

1
2
3
4
5
bash -s stable < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer)
echo '[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm" # Load RVM function' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile
rvm install 1.9.2 && rvm use 1.9.2
rvm rubygems latest

Octopress のインストール

あとはgitでクローンして、インストールコマンドを叩くだけ。

1
2
3
4
5
6
7
8
git clone git://github.com/imathis/octopress.git octopress
cd octopress

gem install bundler
bundle install

rake install
rake setup_github_pages

最後のコマンドは GitHub Pages に公開するためのもの。公開用のレポジトリを聞いてくるので予め登録しておこう。

rubypythonの検索パスを書き換える

markdown記法はソースコードの表示にも対応しているんだけど、自分の環境では、ソースコードの代わりに

Liquid error: undefined method `Py_IsInitialized’ for RubyPython::Python:Module

と表示されてしまった。

ソースコードを追って見るとソースコードの表示には rubypython という Ruby から Python のコードを実行する gem が使われているみたい。 Python コードの実行に本物の Python を使っているんだけど、その Python の検索機能が貧弱で rubypython が想定していない場所に置いてあるとエラーを吐くみたい。

僕の環境の場合、 ~/.rvm/gems/ruby-1.9.2-p318/gems/rubypython-0.5.1/lib/rubypython/pythonexec.rb の中に Python の検索設定が書いてあった。 53行目から次のようなUnix系の設定がある。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
if FFI::Platform.unix?
  # On Unixes, let's look in some standard alternative places, too.
  # Just in case. Some Unixes don't include a .so symlink when they
  # should, so let's look for the base case of .so.1, too.
  [ libname, "#{libname}.1" ].each do |name|
    locations << File.join("/opt/local/lib", name)
    locations << File.join("/opt/lib", name)
    locations << File.join("/usr/local/lib", name)
    locations << File.join("/usr/lib", name)
  end
end

64bitな環境で実行したいので、以下の設定を追加。

1
2
3
4
    locations << File.join("/opt/local/lib64", name)
    locations << File.join("/opt/lib64", name)
    locations << File.join("/usr/local/lib64", name)
    locations << File.join("/usr/lib64", name)

これで表示されるようになった。

記事を書いて公開してみる

新しい記事を書くには、

1
rake new_post["title"]

source/_posts 以下に記事用のファイルを作ってくれるのでこれを自分の好きなエディタで編集。

最後に

1
rake gen_deploy

とすると、HTMLの生成、公開をしてくれる。

記事のプレビュー

デプロイしてから実際に見られるようになるには若干時間がかかるし、誰でも見られる状態になってしまうので、下記コマンドでプレビュー

1
2
rake generate
rake preview

感想

慣れない Ruby に少し手こずったけど、自分が普段使っているエディタを使えるのは楽でいいね。 普段は TeX 使いなので、WYSIWYG環境で編集できなくても苦じゃないし。むしろ楽。

はてな記法よりも markdown 記法のほうが自分には馴染みやすい。 改行の扱いとか TeX に近いし。

しばらく使って良かったらこっちに移ってみようかな。

Comments