Shogo's Blog

たぶんプログラミングとかについて書いていくブログ

VeeWeeでVagrantのboxを作ってみた

Vagrant

VagrantはコマンドラインからVirtualBoxを扱えるようにするツール。 仮想マシンの起動・再起動をコマンドライン上から行えるのはもちろん、ChefPuppet と連携することで必要なソフトウェアのインストールを行なってくれます。

Vagrantを使うには仮想マシンのひな形であるBase Boxが必要です。 Vagrantbox.esにいろんなOSのBoxがあるけど、 インストールされているOSのバージョンが古かったり、タイムゾーンがUTCになっていたりして 不具合発生。 そこでBoxを自分で作ってみようと思い立ち、やってみたのでそのメモ。

作ったBoxは GitHub にあげておいたので使いたい方はどうぞ。 Ubuntu 12.04.2 Server + VirtualBox 4.2.10 で作ってあります。

1
vagrant box add myubuntu http://shogo82148.github.com/boxes/ubuntu-12.04.2-amd64.box

VeeWee

VeeWeeはBoxの作成を自動化してくれるツール。 OSのインストール、不要なパッケージの削除、Box化なんかを自動でやってくれるらしい。

VagrantとVeeWeeのインストール

Rubyの実行環境とVirtualBoxのインストールを済ませたら、 gemを使ってVagrantとVeeWeeをインストール。

1
2
gem install vagrant
gem install veewee

使ってみる

1
vagrant basebox templates

と打つとテンプレートの一覧が出てくる。 現時点でのUbuntu最新版であるUbuntu 12.04をテンプレートとして使ってみる。

1
vagrant basebox define myubuntu ubuntu-12.04-server-amd64

これでdefinitions/myubuntuの中に設定ファイルができる。

そのままだとisoのダウンロードで404が帰ってくるので設定ファイルを書き換え。 加えて日本語が使えるようにLocaleをja_JPに、タイムゾーンをAsia/Tokyoにしておく。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--- templates/ubuntu-12.04-server-amd64/definition.rb   2012-08-31 18:23:28.000000000 +0900
+++ definitions/myubuntu/definition.rb                  2012-08-31 21:17:52.000000000 +0900
@@ -6,8 +6,8 @@
   :hostiocache => 'off',
   :os_type_id => 'Ubuntu_64',
   :iso_file => "ubuntu-12.04-server-amd64.iso",
-  :iso_src => "http://releases.ubuntu.com/12.04/ubuntu-12.04-server-amd64.iso",
-  :iso_md5 => 'f2e921788d35bbdf0336d05d228136eb',
+  :iso_src => "http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu-releases/12.04.1/ubuntu-12.04.1-server-amd64.iso",
+  :iso_md5 => '06472ddf11382c8da1f32e9487435c3d',
   :iso_download_timeout => "1000",
   :boot_wait => "4",
   :boot_cmd_sequence => [
--- templates/ubuntu-12.04-server-amd64/preseed.cfg     2012-08-31 18:23:28.000000000 +0900
+++ definitions/myubuntu/preseed.cfg                    2012-08-31 19:22:47.000000000 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 ## Options to set on the command line
-d-i debian-installer/locale string en_US.utf8
+d-i debian-installer/locale string ja_JP.utf8
 d-i console-setup/ask_detect boolean false
 d-i console-setup/layout string USA

@@ -11,7 +11,7 @@
 # Not working , specify a dummy in the DHCP
 #d-i netcfg/no_default_route boolean

-d-i time/zone string UTC
+d-i time/zone string Asia/Tokyo
 d-i clock-setup/utc-auto boolean true
 d-i clock-setup/utc boolean true

設定ができたらビルド。

1
vagrant basebox build myubuntu

isoのダウンロードとosのインストールが始まるので気長にまつ。 途中で「isoが無いけどダウンロードする?」と聞かれるので「Yes」と答えよう(「y」と打つだけだと自分でダウンロードしろと言われる)。

ビルドができたらファイルの形式にエクスポート。

1
vagrant basebox export myubuntu

カレントディレクトリにmyubuntu.boxができて完成!

myubuntuをboxとして登録すれば、vagrantから使えるようになる。 GitHub にあげておいたので、以下のコマンドで使える。

1
2
3
4
5
6
vagrant box add myubuntu http://shogo82148.github.com/boxes/ubuntu-12.04.2-amd64.box
mkdir foo
cd foo
vagrant init myubuntu
vagrant up
vagrant ssh

Comments