Shogo's Blog

たぶんプログラミングとかについて書いていくブログ

Ark-View-DataTable グラフや表やCSVを簡単に表示したい

こんにちは、最近ログの解析をして遊んでいるいっちーです。 解析の結果は最終的にグラフに出すわけなのですが、 先輩方がよく使っているのもあって Google Charts を使ってます。

で、このグラフを他の人に見せると「その元データCSVでちょうだい!」と言われるんです…。

もちろんcsvを作るなんてこと簡単にできるんですが、 今のプログラムにはグラフ用のテンプレートとHTMLで表出力するためのテンプレートとCSV用のテンプレートがあって、 グラフが追加されるたびにコピペして微妙に書き直し、 という不毛な作業が発生してしまうのです。つらい。

Ark::View::DataTable

使い回しの効かないテンプレートとかなんのためのテンプレートなのか。 データだけ用意してあとはそれぞれのテンプレートに入れるだけとなるのが理想的だよねー、と思い続けて早数ヶ月。 ようやく重い腰を上げて Ark::View::DataTableってのを書きました。

使い方

Data::Google::Visualization::DataTable をレンダリングするための ArkのViewです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
use Ark::View::DataTable;
use Data::Google::Visualization::DataTable;

sub gvis :Local {
    my ($self, $c) = @_;
    my $datatable = Data::Google::Visualization::DataTable->new();

    $datatable->add_columns(
        { id => 'x',   label => "X", type => 'number' },
        { id => 'y',   label => "Y", type => 'number' },
    );

    # 〜〜〜〜正弦波を描きましょう〜〜〜〜
    $datatable->add_rows(
        map { [$_, sin(2*3.1415926535*$_/500)] } 1..1000,
    );
    $c->stash->{table} = $datatable;
    $c->forward( $c->view( 'DataTable' ) );
}

Controllerに感じでかくと使えます。 「/gvis?tqx=out:html」にアクセスするとHTMLの表が、 「/gvis?tqx=out:csv」にアクセスするとCSV形式のファイルが、 「/gvis?tqx=out:tsv-excel」にアクセスするとExcelで開けるファイルがそれぞれダウンロードできます。

グラフを書く

このViewはChart Tools Datasource Protocolに対応したレスポンスを返すので、 Google Charts からも簡単に扱えます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
<html>
<body>
<span id="linechart"></span>
<script src="https://www.google.com/jsapi"></script>
<script>
google.load("visualization", '1', {packages:['corechart']});
google.setOnLoadCallback(drawChart);
function drawChart() {
  var query = new google.visualization.Query('/gvis');
  query.send(handleQueryResponse);
}

function handleQueryResponse(response) {
  var data = response.getDataTable();
  var chart = new google.visualization.LineChart(document.getElementById('linechart'));
  chart.draw(data, null);
}
</script>
</body>
</html>

Comments