Shogo's Blog

May 7, 2014 - 2 minute read - Comments - android go golang

Androidのバイナリファイルを解析するgoのライブラリ

Androidのアプリの実態はzipファイルなのでunzipすれば簡単に中身を見ることができるわけですが、 開いてもバイナリファイルが入っているだけでよくわかりません。 AndroidSDKに付属しているaaptというツールを使えば読めるんだけどインストールが大変で苦しんでいる人がいたので、 お手軽に解析できるgolangのライブラリを書いてみました。

使い方

go getしてくる

githubのレポジトリ からダウンロードしてきます。

go get github.com/shogo82148/androidbinary

AndroidManifest.xmlを解析する

io.ReaderAtインターフェースを満たすオブジェクトをandroidbinary.NewXMLFileに渡すと解析してくれます。

f, _ := os.Open("AndroidManifest.xml")
xmlFile, _ := androidbinary.NewXMLFile(f)
reader := xmlFile.Reader()
// reader を読むと普通のXMLファイルとして読める

resources.arscを解析する

アプリ名などの設定はAndroidManifest.xmlには直接書かれておらず、 リソースファイルに書いてあることがほとんどです(開発者がよほどものぐさでなければ)。 リソースの情報はapk内のresources.arscに書かれているので、 このファイルを読む機能もついてます。

f, _ := os.Open("resources.arsc")
tableFile, _ := androidbinary.NewTableFile(f)

// ID 0x7F040000 に対応するリソースを読む
config := &androidbinary.ResTableConfig{}
val, _ := tableFile.GetResource(androidbinary.ResId(0x7f040000), config)

アプリ名はロケールによって変わったりするので、 configで設定できます。 例えば日本語の名前を取得したい場合はこんな感じ。

// ID 0x7F040000 に対応するリソース(日本語)を読む
config := &androidbinary.ResTableConfig{}
config.Language[0] = 'j'
config.Language[1] = 'a'
val, _ := tableFile.GetResource(androidbinary.ResId(0x7f040000), config)

サンプルコード

apkを解析してアプリの日本語名を取得する例。

package main

import (
	"archive/zip"
	"bytes"
	"encoding/xml"
	"fmt"
	"github.com/shogo82148/androidbinary"
	"io/ioutil"
	"strconv"
)

type XMLManifest struct {
	XMLName      xml.Name          `xml:"manifest"`
	Applications []*XMLApplication `xml:"application"`
}

type XMLApplication struct {
	XMLName xml.Name `xml:"application"`
	Label   string   `xml:"http://schemas.android.com/apk/res/android label,attr"`
}

func main() {
	r, _ := zip.OpenReader("sample.apk")
	defer r.Close()

	// read manifest and resource
	var xmlFile *androidbinary.XMLFile
	var tableFile *androidbinary.TableFile
	for _, f := range r.File {
		switch f.Name {
		case "AndroidManifest.xml":
			rc, _ := f.Open()
			buf, _ := ioutil.ReadAll(rc)
			xmlFile, _ = androidbinary.NewXMLFile(bytes.NewReader(buf))
			rc.Close()
		case "resources.arsc":
			rc, _ := f.Open()
			buf, _ := ioutil.ReadAll(rc)
			tableFile, _ = androidbinary.NewTableFile(bytes.NewReader(buf))
			rc.Close()
		}
	}

	// parse xml
	decoder := xml.NewDecoder(xmlFile.Reader())
	xmlManifest := &XMLManifest{}
	decoder.Decode(xmlManifest)

	// get application label
	labelId, _ := strconv.ParseInt(xmlManifest.Applications[0].Label[3:], 16, 32)
	config := &androidbinary.ResTableConfig{}
	config.Language[0] = 'j'
	config.Language[1] = 'a'
	label, _ := tableFile.GetResource(androidbinary.ResId(labelId), config)
	fmt.Println("Application Name:", label)
}

エラー処理とか完全に省いているので上手く補ってください。

制限事項

GW中頑張ったけど途中で力尽きたので、今のところ以下のような制限があります。

  • リソース名を扱えない
    • 普通AndroidManifest.xmlにリソースを埋め込むときは@string/app_nameみたいな名前を埋め込みますが、リソースファイルとの連携機能がないため@0x7F04000000のような数値を返します
    • resources.arsc からリソース名を読み取ったり、リソース名からリソースを取得する機能はありません
  • configの設定が一部しか対応していない
    • ロケール、画面サイズ、SDKバージョン等にしか対応してません
    • IMEの設定や画面の細かいオプションとかも指定はできるけど、GetResourceが解釈してくれないので誤った結果を返すかも
  • リソースタイプ
    • 文字列、整数、ブーリアン値にしか対応してません
    • string-array とかいうのとかあったりするけど、そんなの知らない

いろいろ制限はありますが、アプリ名を読み取ったり、パーミッションを解析するくらいはできるんじゃないですかね。 golang初心者なのでイケてないところがあったら教えて下さい。

参考