Shogo's Blog

たぶんプログラミングとかについて書いていくブログ

Perlで文字列の出現回数を調べる

Perlで特定の文字列の出現回数を調べたくなって、調べてみたメモ。

ググるとすぐに見つかった。 perlで指定文字列の出現回数を取得する(正規表現)

指定文字列の出現回数は正規表現を使って

$count++ while($str =~ m/$pattern/g);

もしくは

$count = (() = $str =~ m/$pattern/g);

が、一瞬何をやっているのか把握できない・・・。 こういう意味なのかなーって予想はしてみたけど、あってるか一応調査。

whileを使った方法

//g をスカラーコンテキストの中でマッチさせると、 前回マッチした場所を覚えておいてくれて、次のマッチでその場所から検索を再開してくれるらしい。 (Using regular expressions in Perl - perlretut) マッチした場所は pos で取得可能。

1
2
3
4
my $str = "hoge fuga foo bar";
while ($str =~ m/[a-z]+/g) {
    say pos $str;
}

whileを後置にして、ループの回数を数えるようにすれば、最初の方法になる。

ループを使わない方法

これが一番謎だった。

//g をリストコンテキストで評価すると、マッチした文字列がリストになって帰ってくるらしい。 (Quote-Like Operators - perlop)

複数の変数に一括して代入するときに ($foo, $bar) = (1, 2) みたいな書き方をするけど、 () = ... の部分はこれの代入先の変数が一個もないケース。 要するに「リストコンテキストで評価してね」という意味のイディオムみたい。

まとめると、以下のような処理を簡略化して一行にしたのがループを使わない方法みたいです。

1
2
3
my $str = "hoge fuga foo bar";
my @matches = $str =~ m/[a-z]+/g; # @matches = qw(hoge fuga foo bar);
my $count = scalar(@matches);     # $count = 4;

ちなみに代入演算子は右に書いた物が優先されるので、実はカッコは無くてもOK。

1
my $count = () = $str =~ m/$pattern/g;

余計に闇な感じになった。 何故「リストコンテキストで評価してね」に専用のキーワードがないのか。 Perl難しすぎる。

参考

Comments