Shogo's Blog

たぶんプログラミングとかについて書いていくブログ

Go-webtailってのを書いた

Rubyで書かれたwebtailのGo移植を書いてみました。

オリジナルのwebtailはRubyなので、Rubyistではない僕が使おうとするとまずRubyの実行環境からそろえないといけなくてつらい。 ワンバイナリでダウンロードするだけで使えるやつが欲しいなあと常々思っていたのでGolangです。 htmlやjavasctiptの部分もバイナリに含まれているので、インストールも簡単です。

引数無しで実行すると8080ポートで待ち受けて、標準入力から読み込んだ結果をWebsocketで読めるようにしてくれます。

1
2
go get github.com/shogo82148/go-webtail/cmd/webtail # インストール
echo hogehoge | webtail

ファイルもtailできます。

1
webtail hoge.log fuga.log

それぞれ、http://localhost:8080/hoge.loghttp://localhost:8080/fuga.logで見れるようになります。

mirageと一緒につかう

mirageは待ち受けポートを複数設定できます。 (SEE ALSO Dockerで非エンジニアでも開発環境を上げ下げできる、mirageというツールを作りました) その一つをwebtailに割り当てて以下のようにDockerfileに書いておけば、非(サーバサイド)エンジニアでも開発環境のログが見れるようになります。 (見れても理解できるのか?って疑問もあるけど、まあ、全く見れないよりは・・・)

1
2
3
4
5
ADD webtail /
CMD ./docker_run.sh 2>&1 | /webtail --prefix webtail

# ブラウザで見れる代わりにdocker logsで見れなくなるのでこっちのほうがいいかも
CMD ./docker_run.sh 2>&1 | tee hoge.log | /webtail --prefix webtail

残念ながらwebsocket対応はしていないので、websoket対応にしたmirageが必要です。 httputil.NewSingleHostReverseProxy互換のrproxyってのを使ったら簡単にwebsocket対応ができて素晴らしいですね。 (mirage自身に手を加える必要があるなら、mirageにこういう機能をつけるべきだったのでは説はある)

Comments