Shogo's Blog

たぶんプログラミングとかについて書いていくブログ

AnySan::Provider::Slackとape-slackを書いた

先週、今のプロジェクトでのメインのコミュニケーションツールをIRCからSlack切り替えました。 それにともないIRCに済んでいたボットたちもお引越しする必要があったので、 ボットとSlackをつなぐためのライブラリを書きました。

Perlとgoのボットが住んでいるのでそれぞれの言語で実装してあります。

AnySan::Provider::Slack

PerlのAnySan用のモジュールです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
use AnySan;
use AnySan::Provider::Slack;
my $slack = slack
    token => 'YOUR SLACK API TOKEN',
    channels => {
        'general' => {},
    };
$slack->send_message('slack message', channel => 'C024BE91L');
AnySan->run;

AnySanを使うだけでも便利なんですが、 今のプロジェクトではAnySanを対話形式で使いやすくするようにUnazuSanを使っています。 UnazuSanはIRC前提で書かれていて、AnySan::Provider::Slackをインストールしてもそのままは使えません。

UnazuSanを置き換えるもの面倒なので、イベントの名前を書き換えて投げ直すことで、 SlackのメッセージをIRCに見せかける方法をとっています。 またSlackのOutgoing Webhookで@つきのmentionを捕まえるにもあるように、 Slackのメンションは <@U08DGJVJ7>のような形式になってしまい、UnazuSanは自分へのメッセージとして扱ってくれません。 これをUnazuSanが解釈できる形式に置き換えるのがポイントです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
use 5.010;
use warnings;
use utf8;
use Encode qw/encode_utf8/;
use UnazuSan;
use AnySan;
use AnySan::Provider::Slack;

my $unazu_san = UnazuSan->new(
    host       => 'example.com',
    password   => 'xxxxxxxxxxx',
    enable_ssl => 1,
    join_channels => [qw/arcade/],
    respond_all   => 1,
);


my $slack = slack(
    token    => 'YOUR SLACK TOKEN',
    channels => {},
    as_user => 1,
);

AnySan->register_listener(
    slack => {
        event => 'message',
        cb => sub {
            my $receive = shift;
            # fake irc privmsg
            $receive->{event} = 'privmsg';
            $receive->{message} =~ s/<\@xxxxx>:/unazusan:/;
            AnySan->broadcast_message($receive);
        },
    }
);

$unazu_san->on_command(
    help => sub {
        my ($receive, @args) = @_;
        $receive->reply('help '. ($args[0] || ''));
    }
);

$unazu_san->run;

ape-slack

apeのSlack対応版です。 SlackRTM APIを使ってイベントを受け取ります。

GoはWebSocketも比較的カンタンに使えるので、実はape-slackを使わなくても以下のようなコードだけでSlackRTM APIを使えてしまいます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
import (
  "encoding/json"
  "fmt"
  "net/http"
  "net/url"

  "golang.org/x/net/websocket"
)


func main() {
  resp, _ := http.PostForm("https://slack.com/api/rtm.start", url.Values{"token": {"YOUR SLACK TOKEN"}})
  var r struct {
    Url   string `json:"url"`
  }

  json.NewDecoder(resp.Body).Decode(&r)

  ws := websocket.Dial(r.Url, "", "https://slack.com/")

  for {
    var data map[string]interface{}
    websocket.JSON.Receive(ws, &data)
    fmt.Println(data)
  }
}

Outgoing Webhookを使うとSlackから呼んでもらえるようセキュリティの設定が必要で面倒ですが、 WebSocketならインターネッツに繋がった環境なら大抵そのままつながります。 Outgoing WebhookならチャンネルにJOINしていなくてもイベントを受け取れたりして便利ですが、 ちょっとしたボットならこちらの方がお手軽ですね。

Comments