Shogo's Blog

たぶんプログラミングとかについて書いていくブログ

Redis::Fast 0.19リリースのお知らせ

Redis::Fast 0.19 をリリースしました。 主な変更点は以下の通りです。

  • reconnect_on_error オプションの追加
  • Sentinelのノード一覧が更新されない不具合の修正
  • IPv6の実験的サポート

reconnect_on_error オプションの追加

@yoheimutaさんからのプルリクエストです。 今まではネットワークエラーが発生した時のみ再接続処理が走っていましたが、 Redisがエラーを返した場合にも再接続を行うようになります。 マスタースレーブ構成をしているときに、 何らかの原因によりRedis::Fastからのコネクションを維持したまま、 マスターがスレーブに降格してしまった場合に対処するための機能です。 以下のように設定することで、新しいマスターに再接続を行うことが可能になります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
my $r = Redis::Fast->new(
    reconnect          => 1, # 0以上で再接続有効
    reconnect_on_error => sub {
        my ($error, $ret, $command) = @_;
        if ($error =~ /READONLY You can't write against a read only slave/) {
            return 1; # 再接続を行う。次の再接続まで最低1秒空ける
        }
        return -1; # 再接続は行わない
    },
);

Sentinelのノード一覧が更新されない不具合の修正

Redis::FastにはどれかひとつのSentinelノードに接続すると、 他のノードの情報を自動的に収集する機能があります。 この機能が最新のRedisでは動いていなかったので修正しました。 具体的にいつからなのかまでは追ってないのですが、 Redisのバージョン3.0.6から3.2.6の間のどこかで ノード一覧の形式が変わってしまったようです。

(最近Sentinelの話題を聞かないけど、みんな使ってるのかな・・・)

IPv6の実験的サポート

サーバの指定にIPv6のアドレスが使えるようになりました。 Redis::Fast->new(server => "[::1]:6379") のような指定ができます。

バックエンドのhiredis自体は以前からIPv6に対応していたのですが、 今までRedis::Fastでは正しく動きませんでした。

とりあえずlocalhostに接続できることは確認しましたが、 手元にIPv6のネットワークがなくて検証もできていないため、 実験的サポートという扱いで・・・。 誰かIPv6に詳しい方、検証お願いします。

感想

  • テストがなかなか通らず辛かった
  • CPAN Autherを変な幾何学模様から変えたい

Comments