Shogo's Blog

たぶんプログラミングとかについて書いていくブログ

Perl+List::Utilの64bit整数の罠にはまった話

先日 Google Code Jam Qualification Round 2017 が開催されました (って何?というひとはAboutのページを確認。本題では無いので説明略)。

僕もこれに参加して、D以外の問題A,B,Cを解いて、無事Round1へ進むことができました。 しかしPerlで解いたC-largeだけ何故か間違いの判定。 原因を探ってみたところ、PerlおよびList::Utilの64bit整数の罠にはまっていたことに気が付いたので、その備忘録として残しておきます。

問題が発生したコード

問題が発生するのは以下の計算をするコードです。

  • max: 250000000000000000と249999999999999999で大きい方を返す
  • div: 249999999999999999を2で割った商を求める

この計算をそれぞれ二通りの計算方法で実装してみます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
use 5.24.0;
use List::Util qw(max);

say "max:";
say max(250000000000000000, 249999999999999999);
say max(249999999999999999, 250000000000000000);

say "div:";
say int(249999999999999999/2);
say 249999999999999999 >> 1;
  • max: 順番を変えただけなので、同じ結果をになるはず
  • div: 割り算と等価なビットシフトに置き換えたので、同じ結果になるはず

僕は「同じ結果になるはず」と期待していました。 しかし、これを実行してみると以下のようになります。

1
2
3
4
5
6
max:
249999999999999999
250000000000000000
div:
125000000000000000
124999999999999999

原因

250000000000000000は大体257.8なので、64bitの整数で十分表現できます。 しかし倍精度浮動小数点数として扱われると、精度が53bit分しかないので正確に表現できないのです。

例えば以下のコードは"true"を出力します(ここだけ何故かGo)。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
package main

import (
  "fmt"
)

func main() {
  fmt.Println(float64(250000000000000000) == float64(250000000000000000-1))
}

いわゆる情報落ちってやつです。 Perlが演算の途中で倍精度浮動小数点数に変換してしまうので、250000000000000000と249999999999999999を区別できないんですね。

maxの解決策1 Reduceを使う

最大値を求めるmaxreduceを使っても簡単に作ることが出来ます。 この実装方だと、順番にかかわらず同じ結果を返します。

1
2
3
4
5
6
use 5.24.0;
use List::Util qw(reduce);

say "reduce:";
say reduce { $a > $b ? $a : $b } 250000000000000000, 249999999999999999;
say reduce { $a > $b ? $a : $b } 249999999999999999, 250000000000000000;

個人的にはmaxを使ってもreduceを使っても同じ結果が変えるのが正しいのでは、と思うのですがどうでしょう?

(なんかそれっぽいチケットを見つけたけど、英語の議論についていける気がしないので、静かに見守る・・・)

maxの解決策2 bigintを使う

maxの引数にbigintを渡してやると、正しい結果を返してくれます。

1
2
3
4
5
6
7
use 5.24.0;
use bigint;
use List::Util qw(max);

say "max:";
say max(250000000000000000, 249999999999999999);
say max(249999999999999999, 250000000000000000);

ただし、今回の僕のケースでは「ハッシュのキーの中で一番大きいものを取得する」処理が必要だったので、bigintだけでは解決しません。

1
2
3
4
5
6
7
8
use 5.24.0;
use bigint;
use List::Util qw(max);

for (1..10) {
    my %h = (250000000000000000 => 1, 249999999999999999 => 1);
    say max(keys %h);
}

Perlのハッシュは文字列しか使えないので、強制的に文字列にされてしまうんですね。 さらにややこしいことにhash randomizationによって、 時々正しい結果を返すというのも面倒なところです。

そのため今回のケースでは、bigintに戻す操作を明示的に書いてあげる必要があります。

1
2
3
4
5
6
7
8
use 5.24.0;
use bigint;
use List::Util qw(max);

for (1..10) {
    my %h = (250000000000000000 => 1, 249999999999999999 => 1);
    say max(map {$_+0} keys %h);
}

divの解決策1: bignumを使う

bignumを使った方法は割り算の計算でも有効です。 ちなみに影響範囲はスコープで制限できるので、全体への影響を避けたい時は{}で囲ってあげましょう。

1
2
3
4
5
6
7
use 5.24.0;
{
    use bigint;
    say 249999999999999999/2;
}

say 249999999999999999/2;

divの解決策2: integerを使う

64bit環境で動くことがわかっているときはbignumの代わりにintegerが使えます (扱えるbit数以外にも違いがあるので、詳細はbigintのpodを参照)。 bignumと同様に影響範囲はスコープ内に限定されます。

1
2
3
use 5.24.0;
say do { use integer; 249999999999999999/2 };
say 249999999999999999/2;

Pythonみたいに 249999999999999999 // 2 と書かせて欲しい・・・ (しかし // は既に別の用途で使われているのであった)

まとめ

  • Perlで64bitの整数を扱うときは割り算とminmaxsumに注意
  • 次のRound1ではPerlは使わない

Comments