Shogo's Blog

Dec 5, 2019 - 1 minute read - Comments - go github

GitHub Goveralls Action を公開しました

この記事はフラーAdvent Calendar 2019の5日目の記事です。 4日目はふるふる先生の「GoでJSONを良い感じに使おうと思ってハマった話」でした。


さて、首を長くして待っていた GitHub Actions がついにGAになりましたね。 (日本語版ヘルプだとまだbetaになってますが)

さっそくActionを自作してちょっと前に公開してたんですが、この機会に紹介しようと思います。

使い方

coveralls.io はコードカバレッジの可視化サービスです。 実は公式でGitHub Actionsを提供しており、Coveralls GitHub Action を使うと 「JavaScriptのプロジェクトであれば」簡単にカバレッジを送信することができます。

しかし、Goが出力するカバレッジはJavaScriptと形式が違うので、そのままは使えません。 他のCIではmattn/goverallsにお世話になっていたので、 これを GitHub Actions として簡単に使えるようにしました。 最小限の設定はこれだけです。

# ここらへんにテストとかの設定ば別途描く

# coveralls.io に送信
- uses: shogo82148/actions-goveralls@v1
  with:
    github-token: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
    path-to-profile: profile.cov

簡単ですね。

マトリックスビルド

され、後発なだけあって GitHub Actions では他のCIの便利な機能を簡単に使えます。 その中でも最も便利(偏見)なのがマトリックスビルドです。 例えば以下のように設定するだけで、Linux, macOS, Windows で同じテストを実行できます。

strategy:
  fail-fast: false
  matrix:
    os:
      - ubuntu-latest
      - macos-latest
      - windows-latest
runs-on: ${{ matrix.os }}

・・・と、ここまではいいんですが、カバレッジをとって coveralls に送ると残念なことになります。 (例:https://coveralls.io/builds/27037772)

ビルド一覧 ジョブ一覧

どれかがLinuxでどれかがmacOSで残った最後がWindowsの実行結果なのですが、 ジョブの名前が一緒なので区別が付きません。

parallel build webhook

coveralls にはこの問題を解決してくれるparallel build webhookというものがあります。 travis-ci だと coveralls側がいい感じにフックを挟んで処理してくれるんですが、GitHub Actions では自前でやらないといけません。 全部自前でやるのは面倒なので、actions-goveralls には補助する機能をいれてあります。

on: [push, pull_request]
jobs:
  test:
    strategy:
      fail-fast: false
      matrix:
        os:
          - ubuntu-latest
          - macos-latest
          - windows-latest
    runs-on: ${{ matrix.os }}

    steps:
      - uses: actions/setup-go@v1
        with:
          go-version: "1"
      - uses: actions/checkout@v1
      - run: go test -v -coverprofile=profile.cov .

      - name: coveralls にカバレッジを送る
        uses: shogo82148/actions-goveralls@v1
        with:
          github-token: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
          path-to-profile: profile.cov
          parallel: true
          job-number: ${{ strategy.job-index }}

  # parallel build webhook を叩く
  finish:
    needs: test
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: shogo82148/actions-goveralls@v1
        with:
          github-token: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
          parallel-finished: true

大事なのはここ。ジョブが複数あることを伝えるのと、ジョブ番号を含めること。

parallel: true
job-number: ${{ strategy.job-index }}

すべてのジョブが終わったら finish ジョブが走って結果を集計してくれます。 結果はこちら https://coveralls.io/builds/27089216

ビルド一覧

ジョブ一覧

ジョブ名の末尾に0,1,2と数字が入るので、GitHub Actions のログと突き合わせればパラメーターを特定できます。 (多分ジョブ一覧に並んでいる順番で採番されている気がするけど、保証されているのかは知らない)

GitHub Action の実装

現在のところ自作できる GitHub Action は Docker か JavaScript(TypeScript)の二択です。 DockerはLinuxでしか動かないので、クロスプラットフォームで動くものを作るには JavaScript を使う必要があります。 ところが mattn/goveralls の実装言語はGoです。

その連携をどうやっているかというと、各プラットフォームのバイナリをレポジトリにコミットして、 実行時にActionが動いているプラットフォームの情報を参照し、 適切なバイナリを実行しています。

クロスコンパイルが簡単でシングルバイナリなGoだからできる技・・・! 意外と便利かも?

まとめ

簡単にGoのカバレッジを可視化できる actions-goveralls の紹介でした。

もちろん他のCIサービスでも同じことはできるんですが、レポジトリと統合されているだけあって GitHub Actions だとすごく楽です。 この機会にカバレッジをとってみて、コードの品質を上げてみましょう。


フラーAdvent Calendar 2019 6日目の担当は @shogo82148 さんで「CloudFormationのテンプレートのLiner actions-cfn-lint のご紹介」です。