Shogo's Blog

たぶんプログラミングとかについて書いていくブログ

Google Test を使ってC++のテストしてみた

C++ なライブラリを書こうと思い、C++のテストってどうやるんだろうと調べたメモ。 テストフレームワークとして Google C++ Testing Framework を使用、 コンパイルにはautotoolを使ってtravis-ciでテストするところまでやってみました。

やってみた結果→ cpp-test

Testを書く

Google Test の入門ガイドに書いてあったテストをコピペしてきました。

test/factorial.cpp
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
#include "gtest/gtest.h"

int Factorial(int n);

TEST(FractionTest, hoge) {
    EXPECT_EQ(1, Factorial(1));
    EXPECT_EQ(2, Factorial(2));
    EXPECT_EQ(6, Factorial(3));
    EXPECT_EQ(40320, Factorial(8));
}

テストの対象となる関数はこちら。

src/factorial.cpp
1
2
3
4
5
// calculate 1 * 2 * 3 * ... * n
int Factorial(int n) {
    if(n == 0) return 1;
    return n * Factorial(n - 1);
}

テスト用実行ファイルのビルドをする

せっかくならしっかりしたものをつくろうと、Autotoolsを使ってビルドしてみました。 新しめの Autotools (Autoconf&Automake) を使ってみよう を参考に Makefileのひな形を書いていきます。

Google Test と Travice CI で、C言語で書いたライブラリの継続的インテグレーションをしてみた結果 ではGoogle Testをシステムにインストールしていますが、 システムへのインストールは推奨されていないのと、手元で動かすのが面倒だったので Fused Source File を作ってGoogle Testを自分のプロジェクトに同梱しちゃいました。

Google Testのプロジェクトでpython fuse_gtest_files.py OUTPUT_DIR を実行すると gtest/gtest.hgtest/gtest-all.cc が作られるので、 この2つのファイルを自分のプロジェクトにコピーしてきます。 あとは Makefile.am でこれらのファイルをコンパイル&リンクするように設定します。 自分のプロジェクトでは使っていなくても、Google Test のコンパイルには pthread が必要なので忘れずに。 (clangでは無くても動くらしく、clangで試していたらgccで動かなくてちょっとはまった)

test/Makefile.am
1
2
3
4
5
TESTS = factorial_test
check_PROGRAMS = factorial_test
factorial_test_SOURCES = factorial.cpp gtest_main.cc gtest-all.cc
factorial_test_LDADD = ../src/libfactorial.a
factorial_test_LDFLAGS = -pthread

make check でテストが走るようになります。 Google Test のソースがプロジェクトに含まれているので、 新しくプログラムをインストールしたり、特別な設定をしたりといったことは必要ありません。

travis-ci でテストする

travisのC++のテストは、標準で./configure && make && make testを実行してくれますが、 autotoolsで作ったMakefileだと上手く動かないので以下のように.travis.ymlを設定します。

.travis.yml
1
2
language: cpp
script: autoreconf -fi && ./configure && make && make check

gnuなプロジェクトのお作法にしたがって、以下のように書き換えてあります。

  • configureスクリプトはautotoolsで自動生成されるファイルなのでレポジトリには入れず、テスト前に生成する
  • make check でテストが走るのが普通らしい

configureスクリプトを自動生成するのでautoconfのバージョンに注意してください。 autoconfは2014/05/18現在2.69が最新版ですが、travis-ciは2.68がインストールされているようです。 最新版のautoconfでconfigure.acのひな形を作るとAC_PREREQ([2.69])のように必要バージョンが設定されてしまい、 テストのときにconfigureファイルを作れなくて死にます。 バージョン指定を削除するか、古いバージョンに書き換えましょう。

C++のお作法がよくわかっていないですが、ちょっとずつ頑張っていきます。

Comments