Shogo's Blog

たぶんプログラミングとかについて書いていくブログ

travis-ciでC++11のテストをする

今 C++ を書くなら C++11 だよね!と言うわけでC++11の新機能を使ってコードを書いたので、 travis-cliでテストしたらFAIL。

1
2
$ g++ -std=gnu++0x hogehoge.cpp
sorry, unimplemented: non-static data member initializers

unimplemented・・・だと・・・。

頑張って動かしてみたのでメモ。

autoconf の設定をする

autotoolsを使っていたので、 C++11 に対応しているかのチェックを追加しておきます。

ax_cxx_compile_stdcxx_11.m4をダウンロードし、 configure.ac でm4ファイルをダウンロードするようにしておきます。

configure.ac
1
2
3
m4_include([m4/ax_cxx_compile_stdcxx_11.m4])
AX_CXX_COMPILE_STDCXX_11
AC_LANG([C++])

travis.yaml を設定する

ぐぐったらstackoverflowでやり方を見つけました。 標準でテストに使われるコンパイラは古いようなので、新しいバージョンのものをインストールするように設定します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
language: cpp

compiler:
  - clang
  - gcc

before_install:
  # g++4.8.1
  - if [ "$CXX" == "g++" ]; then sudo add-apt-repository -y ppa:ubuntu-toolchain-r/test; fi

  # clang 3.4
  - if [ "$CXX" == "clang++" ]; then sudo add-apt-repository -y ppa:h-rayflood/llvm; fi

  - sudo apt-get update -qq

install:
  # g++4.8.1
  - if [ "$CXX" = "g++" ]; then sudo apt-get install -qq g++-4.8; fi
  - if [ "$CXX" = "g++" ]; then export CXX="g++-4.8"; fi

  # clang 3.4
  - if [ "$CXX" == "clang++" ]; then sudo apt-get install --allow-unauthenticated -qq clang-3.4; fi
  - if [ "$CXX" == "clang++" ]; then export CXX="clang++-3.4"; fi

これで、clangとgccでテストが走るようになります。

Comments