Shogo's Blog

Mar 29, 2015 - 2 minute read - Comments - unity csharp

名前付き引数とオプション引数とオーバーロードを同時に使うとUnityが死ぬ

オーバーロードの優先順位付けが少しおかしくて、 名前付き引数とオプション引数と一緒に使うと死ぬ場合があるというお話。 ぴーちんが昨日言ってたやつ。 いんたーねっつにも乗っけておく。 問題となるのは以下のようなコード。 class MainClass { void Foo (int fuga) { } void Foo (string hoge, int fuga = 10) { } void Bar() { Foo (fuga: 20); } } このコードは以下のような例外を吐いて死ぬ。 Internal compiler error. See the console log for more information. output was: Unhandled Exception: Mono.CSharp.InternalErrorException: Internal error at Mono.CSharp.MethodGroupExpr.IsApplicable (Mono.CSharp.ResolveContext ec, Mono.CSharp.Arguments& arguments, Int32 arg_count, System.Reflection.MethodBase& method, System.Boolean& params_expanded_form) [0x00000] in <filename unknown>:0 at Mono.CSharp.MethodGroupExpr.OverloadResolve (Mono.CSharp.ResolveContext ec, Mono.

Mar 29, 2015 - 1 minute read - Comments - travis csharp

travisがいつのまにやらcsharpをサポートしていた件

いつもテスト実行でお世話になっているtravisさんがC#をサポートしていました。 以前から C#をサポートして欲しいという要望はあったのですが、 2014年12月あたりからついに使えるようになってたみたいです。 以前はC言語のフリをして、設定ファルで頑張ってmonoをインストールする必要があったのですが、 ## Travis CI Integrationlanguage:cinstall:- sudo apt-get install mono-devel mono-gmcsscript:- xbuild hogehoge.sln今はlanguageにcsharpを設定して、solutionを指定するだけです。 ## Travis CI Integrationlanguage:csharpsolution:hogehoge.slnMiniMeggagePack もこちらの設定を使うようにしてみました。 nunitを使ってテストする場合は結局sudo apt-get install nunit-consoleする必要があるみたいですが、 複数バージョンのmonoでテストできたりしていい感じです。 ただ、ドキュメントにはmono2.10.8もサポートしているとあるのにmonoのインストールが404で失敗したり、 他のバージョンでも時たまmonoのインストールにコケたり、 3.8.0でnunitのテストが上手く動かなかったり、不安定な感じがしてます。 徐々に改善していくといいなー。 参考 Building a C#, F#, or Visual Basic Project

Mar 24, 2015 - 1 minute read - Comments - git

git diffでcsvの差分を見やすく表示する

ExcelやGoogle Spreadsheetを使って作ったデータをプログラムに取り込むのにcsv形式が便利でよく使っているんですが、 gitで履歴管理をしてもdiffが見づらい・・・。 gitのdiffがかなり自由にカスタマイズできることを知ったので、いろいろいじってみたメモ。 例として、以下のようなcsvファイルを編集することを考えます。 id,name,param_a,param_b,param_c,param_d,param_e 101,hoge,314,159,265,358,979 102,fuga,271,828,182,845,904 一行目は列の見出しになっていて、プログラムからは列番号ではなくparam_dの様に指定する、 という作りになってます。 id: 101の行のparam_dの数値に変更が入った場合、普通のgitだと以下のようになります。 diff --git a/hogehoge.csv b/hogehoge.csv index c8dbd17..37f4ff5 100644 --- a/hogehoge.csv +++ b/hogehoge.csv @@ -1,3 +1,3 @@ id,name,param_a,param_b,param_c,param_d,param_e -101,hoge,314,159,265,358,979 +101,hoge,314,159,265,359,979 102,fuga,271,828,182,845,904 二行目に何か変更があったことはわかりますが、 param_d だとはすぐにはわかりませんね・・・ YAMLに変換して比較する バイナリファイルであっても差分が確認できるよう、 git-diffを実行する前に変換ツールを実行する機能があります。 拡張子がcsvのファイルに対してこの機能が働くように.gitattributesに以下の行を足します。 *.csv diff=csv .git/config に変換ツールの設定を追加します。 key: valueの形式になっていると見やすそうなので、変換先の形式にはyamlを選びました。 [diff "csv"] textconv = csv2yaml ここで指定しているcsv2yamlは自前で用意する必要があります。 インターネット上をさまよえば同名のツールはいくらでもありそうですが、今回は自分でgoを使って書きました。 csv2yaml.goをコンパイルしてパスの通る場所においておきましょう。 csv2yamlは自分のよく使うcsvのフォーマットにあわせて以下のようなカスタマイズをしてあります。 idという名前のキーを必ず最初にする それ以外のキーはアルファベット順にソートする この状態でgit diffを実行すると以下のようになります。 diff --git a/hogehoge.csv b/hogehoge.csv index c8dbd17..37f4ff5 100644 --- a/hogehoge.csv +++ b/hogehoge.

Mar 20, 2015 - 1 minute read - Comments - git

git で管理しているリポジトリの各ブランチの中身をそれぞれ個別のディレクトリにエクスポートする(git-archive版)

git で管理しているリポジトリの各ブランチの中身をそれぞれ個別のディレクトリにエクスポートする を読んで、 git-archive を使うともう少しシンプルに書けるんじゃないかと思ってやってみた。 git branch | sed -e 's/^[\* ]*//g' | xargs -n1 -I% sh -c 'git archive --prefix=%/ % | tar x' .gitconfig とかでエイリアスを設定しておくといいんじゃないでしょうか 以上

Feb 22, 2015 - 3 minute read - Comments - go golang

map[string]Hoge or map[string]*Hoge ?

Go言語でポインタを使うべきか使わないべきか問題。 「ケース・バイ・ケースなので、状況に応じて使い分けましょう!」という結論が出るのは目に見えているので、 具体例について検証してみた結果を書いておきます。 背景 他の人のコードレビューを見ていたら、 レビュアーが「コピーをしないで済むのでstructの受け渡しにはポインタ使ったほうがいいと思います!」とコメントしていて、 そうなのか?と思ったのですがあんまり自信がなかったので検証してみました。 コメントがついていたのは以下のようなコード。 package hoge import ( "strconv" ) type Hoge struct { A int B int C int } func NewHogeMapStruct() map[string]Hoge { m := make(map[string]Hoge) for i := 0; i < 10000; i++ { m[strconv.Itoa(i)] = Hoge{i, i, i} } return m } ポイントは以下の点です。 受け渡すstructはintが3つ程度の小さなもの mapに入れて返す benchmarkを使って検証する ポインタを使わない版と使う版を両方作ってベンチマークをとってみます。 package hoge import ( "strconv" ) type Hoge struct { A int B int C int } // ポインタ使わない版 func NewHogeMapStruct() map[string]Hoge { m := make(map[string]Hoge) for i := 0; i < 10000; i++ { m[strconv.

Nov 15, 2014 - 1 minute read - Comments - github

GithubのIRCフックがgollumをサポートしました

GithubのIRCフックがgollum(Wikiページの変更通知)をサポートしました。 最近ぴーちんさんがWikiの編集業に精を出していて、編集の度にIRCに「変更しました!」とポストしてました。 「自動で通知してくれるとうれしいよねー」と話していたら、ある秘密を教えてもらいました。 acidlemon: githubのwiki編集のIRC通知、ここに秘密が隠されています https://github.com/github/github-services/blob/master/lib/services/irc.rb acidlemon: Blameおして黄色い変なアイコンを調べれば何をすれば良いかわかるはず おや・・・何処かで見た黄色いアイコンが・・・ 真似してgithub-servicesにプルリクエストをだしてマージしてもらった。 で、さっき対応イベント一覧見てたらgollum増えてる! マージのときのコメントで「a few days」と言われたので2,3日かかるのかな?と思ってたけど、24時間経たないうちに反映されたよ! 早い!! さっそくGithub::Hooks::Managerを使って設定しておきました。 「[project-name] shogo82148 edited wiki page hogehoge」みたいに編集されたページが通知されます。 便利!!! SEE ALSO github-services github の irc hook に幾つかの event type が追加されました - @soh335 memo GithubのHookについてのまとめとソリューション - おそらくはそれさえも平凡な日々

Oct 21, 2014 - 1 minute read - Comments - git

Gitで作業ディレクトリの変更を破棄したのに差分が出続けて困った話その2

先日「Gitで作業ディレクトリの変更を破棄したのに差分が出続けて困った話」と いうのを書きましたが、より強力な敵が現われました。 このときは文字コードが原因で git checkout -- <file> しても差分が残り続けるというもので、git add してコミットし直すことで回避出来ました。 しかし、今度の敵は git checkout -- <file> しても git add <file>しても差分が残り続けます。 なんだ・・・このボスを倒したら新たなラスボスが現れた感・・・ acidlemon先生の手助けにより事無きを得たのですが、 ちょっと不明な点もあったので、その点もあわせてメモを残しておきます。 症状 git checkout -- <file> しても、git add <file> しても、git reset --hard HEAD しても、 何をしても差分が出続ける・・・なんだこいつ・・・ $ git checkout -- AwesomeFeature $ git add . $ git status On branch master Changes not staged for commit: (use "git add <file>..." to update what will be committed) (use "git checkout -- <file>.

Oct 16, 2014 - 1 minute read - Comments - perl redis

Redis::Fast 0.13をリリースしました

Redis::Fast 0.13をリリースしました。 主な変更点は以下のとおりです。 passwordオプションの対応 maxclientsに達した場合に、deep recursion することがある問題の修正 トランザクション内で再接続処理が行われる問題の修正 passwordオプションの対応 今更感のある機能ですね。昔は対応してたんです。 対応してたんですが、Sentinel対応のために接続開始周りをごそっと入れ替えて、そのときに間違ってパスワード認証機能を削除しちゃってたっぽいです(・ω<) なんというかごめんなさい。 実際実装してテストしてみると、認証失敗したときにdouble freeで落ちてちょっとハマりました。 hiredisを使う場合はredisAsyncSetConnectCallbackに指定する関数内で、コネクションを切断するような処理(password認証とか)はしないようにしましょう。 maxclientsに達した場合に、deep recursion することがある問題の修正 Redis::Fastでは、接続処理の中で、コネクションに名前をつけたり、パスワード認証したり、その他独自の処理を実行しています。 この処理の途中でも再接続処理が走ってしまい、 再接続処理の中で再接続処理が実行されて、その再接続処理の中で再接続が… というような無限ループに突入する場合があります。 maxclientsに達した場合、一度コネクションの確立に成功したあとに接続が切られるので、この無限ループに入ってしまうようです。 接続処理中は再接続処理を行わないようにすることで対応しました。 トランザクション内で再接続処理が行われる問題の修正 Redis::Fast 0.07以降、MULTI-EXECコマンドを遣ったトランザクションの中にいるときは再接続処理が行わないようになっています。 その仕組みを作るにあたって、トランザクションの中にいるか外にいるかを表すフラグをコマンド送信前に更新していました。 再接続を禁止する MULTI コマンドを送る 結果を受け取る 必要なコマンド発行を行う 再接続を許可する EXECコマンドを実行する 結果を受け取る しかしこれだと 5 と 6 の間で再接続が起こってしまいます。 EXECコマンドがまだ実行されていないので、ここはまだトランザクションの中ですね。 Redis::Fast 0.13ではフラグの更新はコマンドが成功したときに変更してあります。 MULTIコマンドを送る 結果を受け取る 再接続を禁止する 必要なコマンド発行を行う EXECコマンドを実行する 結果を受け取る 再接続を許可する これでトランザクション中に再接続処理が走ることは無いはずです。

Oct 4, 2014 - 2 minute read - Comments - git

gitで作業ディレクトリの変更を破棄したのに差分が出続けて困った話

gitで変更した覚えの無いファイルに差分が出ていたので、 作業ディレクトリの変更を破棄したのに、 git statusで差分が出続けて困ったのでメモ。 症状 gitではgit checkout -- <file> ってコマンドを叩くと、 作業ディレクトリの変更を破棄できます。 $ git checkout -- hoge.txt $ git status On branch master Changes not staged for commit: (use "git add <file>..." to update what will be committed) (use "git checkout -- <file>..." to discard changes in working directory) modified: hoge.txt しかし、差分が出続ける… git checkout -- <file> ならさっきやったよ! git reset --hard HEAD して全変更を破棄してもダメでした。 原因 .gitattributesに改行コードの指定があったからでした。 *.txt text=auto eol=crlf これが指定されていると、CRLFなファイルをコミットしようとしても、 レポジトリには改行コードがLFで保存されるようになる。 $ cat .

Oct 3, 2014 - 1 minute read - Comments - isucon

ISUCON4にチームぽわわで参加しました

遅くなりましたが、ISUCON4のレポートです。 まこぴーとchroneさんとともにチームぽわわで参加し、惨敗してきました。 2014-10-06 追記: 競技中に使ったレポジトリを公開しました。 事前準備 メンバー三人で集まって、去年のnopasteアプリで練習 chroneさんは初参戦なので雰囲気を掴んでもらう Ansibleを使っていこうっていう話になったので、プレイブックを書いて遊んでみる githubにprivate repositoryを予め建てる PayPalに対応してるっぽいので、ログインを試みるも何故か失敗 諦めてクレカ情報を直接入力 どうなってるんですかgithubさん!!! 競技 10時くらいまで お題確認 サーバのセットアップはchroneさんにお願いしスムーズにできた サーバは人数分準備 僕がコミット&実行確認をこまめに繰り返すタイプなので、書いたコードはすぐにデプロイしてテストに回したい!! サーバ一台だとインフラの調整とアプリの確認がかぶって面倒 かといってローカルで同じ環境用意するのも面倒 AMIがあるならそれを使っちゃえ!(って記事を去年見た気がしたので) 密かにUkigumoで自動デプロイする仕組みを作っておいた 書いたコードはすぐにデプロイしてテストに回したい!! あらかじめukigumo-agentを起動 github-hookを設定してコミットしたら実行 Github::Hooks::Receiverいじってたのはこれやるためだったんだけど、Ukigumoさんで十分でした。便利ですね!! 去年はサーバに入って作業する人(まこぴー)がかなり忙しそうだったので、なんとか解消したかった お昼くらいまで nginxで静的ファイル配信とかMySQLのクエリ分析とか いっちーさんは早速Redis::Fastに手を付ける みんなもRedis::Fast使ってね!! あとUkigumoさんのおもり UkigumoとAnsibleのお陰で僕が何もしなくても、まこぴー氏が「nginxで静的ファイル配信したよ!」って言って数分後には確認できる状態になっていて便利 これのおかげでページが真っ白になっているのに気がつく 普通に設定を書き換えるとMIMEの設定がなくなるらしい Ukigumo++ 14時くらいまで chroneさんにMySQLのクエリ改善 COUNT() している部分を一行SELECTだけにする修正とか 一部Redis::Fastに書き換えた版も一応スコアでる アプリが単純すぎてMySQLでもRedisでも大差ないスコア 自分の環境でmy.